プロペシアで脱毛予防

Posted on 21 of 8月, 2015 by

プロペシアとは男性型脱毛症(AGA)の治療薬としてアメリカのメルク社が開発販売している薬になります。
フィナステリドという有効成分が含まれています。
男性型脱毛症とは思春期以降、男性が頭の額や頭頂部などの毛髪が薄くなる症状になります。
原因としては一般的に男性ホルモンの影響や遺伝によるものだと言われてます。
AGAは日本で約1260万人いると言われてます。
何らかのケアを行った事がある人は約半分の650万人になると言われてます。
進行する症状ですので、放置していくとやはり神尾の毛は減り続ける一方になります。
脱毛している部分にDHT(ジヒドロテストステロン)が濃く見られ、これのせいにより、成長期短くなります。
それにより、成長しきる前に抜けて、十分に成長できてない細く短い髪の毛が増え全体的に薄く見えるということです。
プロペシアはそのDHT(ジヒドロテストステロン)が生成するのに不可欠な5a-還元酵素を阻害してくれることによりDHTの生成を抑えてくれます。
それにより、成長期が長くなって、細い髪の毛にコシがでたり、毛穴からも髪の毛が成長し、AGAを予防してくれます。
ただ、やはり症状なども人により違いますので個人差が出てきます。
臨床実験により、1mgを1年間投与し58%の方が、2年間になると68%の方が、3年にもなると78%の方が改善効果があったと認められてます。
現状維持効果は1年間で40%、2年で31%になって、3年間で20%の方が感じれたととの事です。
1mgは98%の方に何らかの効果が感じられたとデータがあがってます。
やはり、早い段階から予防として使用していると、効果もかなり実感できるので早めの治療をお勧めします。
おなじくAGAに有効な成分としてミノキシジルという成分があります。
こちらは日本国内で有名な大正製薬のリアップという製品があります。
海外ではロゲインとして発売されてます。こちらは、頭髪の外用薬として有名な薬となってます。
お勧めとしては飲み薬と、外用薬と両方使用するとより効果が得られます。
ミノキシジルですが元々は血管拡張剤として開発されていた成分です。
副作用により、多毛症の報告があり、育毛剤としての開発になりました。
ロゲインはネットでも海外から個人輸入などできます。AGAに悩んだら早めの対処、早めの治療をお勧めします。
医薬品は必ず用法容量などを守りましょう。不安な方は医師など専門家に相談するようにしましょう。