AGA治療にあたっての心構え

AGA治療にあたっての心構え

AGAとは

AGAとは、男性型脱毛症のことであり、抜け毛や薄毛などの症状を伴うものです。成人を越えたあたりから症状が出ることが多いですが、思春期を境に額の生え際や頭頂部から、もしくは同時に症状が現われます。多くの男性を悩ませる症状でもあり、抜け毛や薄毛に悩む男性は国内に1000万人を超えると言われていますが、何らかのケアを行った事がある人は約半分の650万人になると言されてます。

年齢を重ねるとともに髪の生え際や頭の頭頂部の髪が薄くなりはじめ、毛が細くなったり、抜け毛が目立つようになります。進行する症状ですので、放置していくとやはり髪の毛は減り続ける一方になります。脱毛している部分にDHT(ジヒドロテストステロン)が濃く見られ、これより、成長期短くなります。十分に成長できてない細く短い髪の毛が増え全体的に薄く見えてしまいます。

AGAの原因

原因と考えられているのが、遺伝性や男性ホルモンと考えられています。人の髪は毛周期というサイクルがあり、毛が抜け、毛根から新しく生え変わったりします。また1日に髪は0.3ミリほど伸びると言われ、その寿命も長くて10年ほどと言われています。AGAになってしまうと髪が成長を止め、コシがなくなり、細くなっていってしまいます。

ああ

思春期に入るまでは男性の体の成長に欠かすことのできないジヒドロテストステロンという男性ホルモンですが、このホルモンが思春期以降あたりから、男性を悩ませるホルモンに変わってしまいます。もともとテストステロンという男性ホルモンが変わり、ジヒドロテストステロンを作りだしており、変換に関係しているのが酵素と言われる5a還元酵素です。

男性ホルモンには身体に生える体毛や髭を生やす作用がありますが、生え際や頭頂部にある毛乳頭には男性ホルモンと結びついて、抜け毛を促進させてしまう酵素があり、頭頂部は他の部位に比べ、髪が薄くなりやすくなっています。遺伝の要因は、家系が薄毛だと薄毛になりやすいといわれ、優性遺伝だと考える説もあります。AGAの改善には、育毛剤・養毛剤・発毛剤など様々なものがあります。

AGAの治療薬

育毛剤とは、末梢血管拡張剤で血行を促進する役割があり、一般的に頭皮に直接薬剤を塗布するタイプと内服薬があります。 養毛剤とは、既に生えている髪を守って脱毛を抑えるものです。 発毛剤とは、頭皮環境を整え、新しい髪が生えてくるのを助けます。

参考サイト:AGA治療|薄毛の原因と症状・対策|最適な治療薬|お薬なび

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

現在、AGAに最も効果があるとされているのがミノキシジルとプロペシアです。ミノキシジルとは現在では発毛剤に含まれている成分として知られています。開発されたときは、高血圧の方が使用する血圧降下剤として用いられました。服用のときに起こる副作用に体毛が増えるといった症状から研究され現在では育毛剤となった経緯のある成分です。

頭皮の細胞を活性化し、髪が生えるのを促進してくれます。ミノキシジルが配合されている商品は薬局にある外用薬のリアップや内服薬であればミノタブと言われるミノキシジルタブレットがあります。

有名な育毛剤のリアップは、頭皮に直接塗布して血行を活性化させて、毛髪の成長を促進します。タブレットは、身体の内側から直接吸収される薬ではないため副作用がほとんどないです。副作用が起こる多くの症状は、頭皮のかゆみなどと軽度なものです。海外ではロゲインとして販売されています。

ロゲインはネットでも海外から通販で購入できます。また通販ではロゲインのジェネリック医薬品も販売されているので、安く購入したい方は利用してみましょう。なお、外用薬と両方使用するとより効果が得られます。より高い効き目を実感したい方や安い価格で購入したい方には、お勧めします。

ミノキシジルの詳細はこちら

プロペシアとは

プロペシアとは

プロペシアとはAGAの治療薬としてアメリカのメルク社が開発販売された薬です。もともと前立腺肥大の薬として使用されていますが、ミノキシジルと同じように目的が違っており、ふとしたきっかけでで開発された経緯あります。フィナステリドという成分が含まれています。

発毛を促進するためには、原因物質を作っている元となる5a還元酵素が働くことを阻害しなければなりません。プロペシアは5a還元酵素阻害薬と呼ばれ、酵素の働きを阻害する効果を持っている薬であり、この効果によりジヒドロテストステロンの生成を防ぎ、休止してしまい髪の成長を再び再開させる発毛効果が期待できるようになります。細くなった髪も太さやコシを取り戻し、健康的な毛髪となります。抜けてしまった毛根からも髪が生え変わります。

ただ、やはり症状なども人により違いますので個人差が出てきます。臨床実験により、1mgを1年間投与し58%のほうが、2年間になると68%のほうが、3年にもなると78%の方が改善効果があったと認められてます。現状維持効果は1年間で40%、2年で30%になって、3年間で20%の方が感じれたととのことです。1mgは98%の方に何らかの効果が感じられたとデータがあがってます。やはり、早い段階から予防として使用していると、効果もかなり実感できるので早めの治療をお勧めします。

体内図

プロペシアにはフィンペシアというジェネリックがあり、プロペシアと成分が同じなので同様の効き目です。フィンペシアは安価なことから多くの方が利用しており、脱毛改善効果も確かなものであると言えます。プロペシアで頭皮環境をきれいにし、育毛を促すミノキシジルを使えば、髪の成長を一気に加速させることも可能です。

AGAに悩んだら早めの対処、早めの治療をお勧めします。医薬品は必ず用法容量などを守りましょう。不安な方は医師など専門家に相談するようにしましょう。

プロペシアの詳細はこちら

プロペシアやミノキシジルの購入方法

プロペシアやミノキシジルの購入方法

プロペシアやミノキシジルを購入するには、薬局などで購入する方法と病院で処方してもらう方法、個人輸入代行業者を利用して通販で購入する方法の3つにわけられます。薬局で購入できるものはリアップなどになりますが、医師の処方が必要ないのは、副作用も少なく、安全性が高いとされているためです。しかしそれは、効果もそれなりに低いとも言えます。市販の風邪薬よりも病院で処方してもらった薬の方がはるかに効いたというのは、どなたでも経験された事があるのではないでしょうか。軽度の方であれば効果があるかもしれませんが、進行してしまっている方には効果が望めないかもしれません。

一方、病院処方の場合、医師に診断してもらえるので信頼はできます。病気など健康面で心配がある方は一度診察をしてもらった方が安心かもしれません。ただし、何度も薬を処方してもらうために病院に行くのは手間になってしまいます。また病院に行くのが恥ずかしいという方もいらっしゃるでしょう。さらに、AGAは保険適用外となってしまうので、プロペシア1ヵ月だけで8000円近くになってしまいます。さらに診察代もかかります。AGA治療は半年から1年はかかると言われていますので、これを続けてはかなりの負担になってしまいます。そこでお勧めなのが、通販を利用する方法です。個人輸入代行業者を利用する形になり、日本では販売されていないジェネリックも多数販売されています。

筋肉質な男性

たとえばプロペシアなら1ヵ月5600円程度になり、さらにプロペシアのジェネリックのフィンペシアなら1300円程度とかなり格安になります。送料はだいたい1000円前後で、他に手数料などは基本的にかかりません。一般的な通販と同じうような方法で簡単に購入でき、サイトもすべて日本語になっているので英語などができなくても問題はありません。発送は海外からになるので10日前後かかりますが、病院に行く手間を考えれば、自宅まで届けてくれるので時間も節約ができます。サイトによっては郵便局留めなどが可能な場合もあります。家族に知られたくないという方も安心です。

このような方法で薬を購入するのは違法ではありません。ただし自分で服用する分だけと決められていて、他人への譲渡や転売は禁止されているので気をつけましょう。また、中には悪徳なサイトもあります。クレジット決済ができなかったり電話対応ができないサイトは気をつけた方がいいでしょう。以上の点さえ守れば、通販にはメリットしかありません。簡単に便利に、しかも安く購入したいという方は通販を利用するのがお勧めです。

ミノキシジルとプロペシアを通販での購入方法の詳細はこちら

プロペシアを通販で購入